婚活が仕切り直しできました

30歳になったばかりなら、とても30代に乗ったとは思えないと言ってもらえても、さすがに30代半ばに差し掛かると、肌全体が重力に負けてたるんできます。
やはり年相応に見えてしまい、もう20代では通用しなくなってしまいました。
私が婚活を始めたのは、仕事が落ち着いた30代半ばの頃だったので、できるだけ年齢層を絞った婚活パーティーに参加したとしても、男性はより若い女性の方へ行ってしまいます。
誰からも話しかけられず、ポツンと座っているだけの苦痛な時間を何回か経験すると、婚活パーティーに参加するのが怖くなってしまいました。
そこで、もっと違うやり方はないかと探した結果、見つけたのが華の会でした。
たくさんのメディアに取り上げられており、検索エンジン大手の審査もクリアしているサイトだったことや、実際に利用した人たちが、華の会にはサクラがいないから安心と言っていたことなどが気になりました。
掲示板を利用して自分のことを知らせたり、相手のことを知ったりできる他、日記をつけて自分をアピールすることができるというシステムは、斬新といえるものでした。
出会い系サイトは好みの合う男女がマッチングされて、メールで何度かやり取りをした後に実際に会うという流れになっているようで、それでは何となく不安だったことから利用しなかったのですが、華の会はちょっと違うという印象を受けました。
女性は利用にあたってまったくお金がかからないことも魅力でしたので、さっそく登録しました。
30歳以上からしか登録できないこちらでは、35歳の私などまだピチピチといってもいいくらいです。
掲示板にはどのような人が見に来てくれたかがわかるようになっていますので、自分に興味を持ってくれる人がいた時にはかなりうれしかったです。
日記をまめに更新していたら、ある日メールが届き、日記も楽しいのですが、これからはメールのやり取りをしませんかと言われました。
その男性は40歳、やはり婚活パーティーで挫折して、華の会にたどり着いたという経緯が同じだったことから、最初から意気投合することができました。
何度もメールをやり取りしていたので、相手のことは会う前からかなり知っておけました。
互いに自分の容姿を知らせる写真も送っていたので、お互いに容姿で決めるということはなかった気がします。
実際に会ったときは、初めてだというのにこれまでにも毎日会っていたような不思議な感覚を覚えて、思わず二人して笑ってしまいました。
サクラのいない華の会は、くじけてしまった婚活を立て直してくれたのです。